プリクラをケースに貼る習慣

プリクラは何処に貼る?

ゲームセンターなどで見かけるプリクラは、最近特に多様化しています。
イラストや文字を入れられるくらいはもちろん、パソコンの画像加工ソフトのような画像編集ができるようなものまで存在します。

そんなプリクラですが、どんなところに貼るのが多いのでしょう?
手帳や文具など、身近なものが多いと思いますが、流行りはじめたころから携帯に貼るのは一つの風習みたいになっています。

特にカップルの場合は、プリクラを携帯に貼ることが、付き合っていることの一つのステータスのようになっていて、相手を独占し浮気を予防する意味でもお互いに貼りあうというケースは今も多く見られます。
iPhoneが普及してからはケースを着用することが多くなり、本体に貼るとケースから隠れてしまうため、ケース自体に貼ることも多いようです。

無断で貼られたプリクラの悲劇

iPhoneに貼ったプリクラによる悲劇として、こんな話があります。
AさんはB子さんと不倫をしていました。
Aさんは遊びでしたが本気だったB子さんは、ある日ちょっとした嫉妬心と悪戯心が芽生えてしまいました。

そう、Aさんが使っていたiPhoneのケースを外し、iPhone本体にAさんとB子さんが親密に映ったプリクラを貼ったのです。
普段はケースに隠れるため見えず、Aさんはまったく気づきませんでした。
しかしあろうことか、これがある日Aさんが自宅で入浴中何気なしにiPhoneに触れた奥さんに見つかり、思いもよらない方向に発展します。

単純に問い詰めるわけでなく、奥さんはプリクラのことを黙ったままAさんの素行調査を探偵に依頼し不倫の現場をキャッチ。
その後、弁護士に依頼して浮気から離婚と多額の慰謝料請求をしてきて大騒動になってしまったのです。
想定外だったのは、慰謝料はAさんだけでなくB子さんにも請求がいってしまったこと。
結局AさんとB子さんは幸せをつかむことなく、謝罪と多額の慰謝料の支払う羽目になったということです。こういった専門的な問題はなかなか一人では進められないものですが、彼女は初めから浮気の無料相談を利用して解決策を検討したそうです。

一つのプリクラから始まった悲劇ですが、iPhoneやケースがない時代だったらAさんがすぐ気づき大事に発展しなかったでしょう・・・


since2005Copyright © Depanner de Linux, et iPhone | リナックスのデバッグとiPhone